ガーデニングの際は軍手が必要

普段、ガーデニングをする際には、大抵軍手をはめて行います。

しかし、先日の雑草駆除の際は、軍手をせずに草むしりを行いました。

その結果、小指を雑草で深く切ってしまうという怪我をしてしまいました。

いつも軍手は手が汚れると思ってはめていたのですが、こういった怪我をしないようにはめるという役割もあることを今回の怪我で勉強しました。

それにしても鋭い葉を持った雑草なら手を切ると言うこともわかりますが、正直、雑草の茎でこれほどまで深くスパッときってしまうことがあるなんて思いもしなかったので、一瞬あせりました。

切れた瞬間を丁度見ていましたが、雑草を抜こうと茎を握って引っ張ったら根が抜けずに茎だけがスーッと指の間を抜けて行きそれと同時に小指が切れていました。

雑草をこれほどまで放置しなければこういったことも起きなかったと思いますし、何よりも軍手を甘く見ていたバチが当たったのだと思います。

これからは、しっかりと軍手をしてガーデニングに取り組みたいと思います。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 |  当サイトについて  | 利用規約  | プライバシーポリシー  | 運営者情報  | お問い合わせ  | 

Copyright (C) 2008 3910GO. All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。