西洋芝一年目の効果と雑草の生え方

芝生付近の雑草

しばらくぶりに我が家の庭の記録でも付けようと思います。

夏になりましたが、昨年と同様ほとんど庭の手入れをしていないので、雑草が凄いことになっていてかなり恥ずかしい状態ですが、昨年と比較すると少しはましになったようです。

何がましになったかというと、まずは、左の写真をご覧下さい。

この写真は芝を植えた場所の写真なのですが、あまりにも無残な姿に変貌を遂げていますが、実は、昨年に比べると少し違う部分があるのです。

それはこんな状態になるまで放置して、ハッキリとしたのですが、芝の種を蒔いた所は芝の根がある程度はってきているので、雑草があまり生えてこないということです。

その証拠に写真の奥の方の花壇と芝が生えている手前の方では、生えている草の背丈が違うことが見て取れると思います。

ちなみに芝の生えている部分は、芝刈り機で芝を刈れば、雑草を抜く作業よりも簡単にきれいな状態にできますので、私的には、雑草処理に比べれば、芝刈りの方が数段手入れが楽です。

この結果を見た私は、芝の範囲を拡大しようと考えていますが、夏はどうしても雑草が同時に生えてきてしまうので、西洋芝ガーデニングはの拡大は秋まで待とうと考えています。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


 |  当サイトについて  | 利用規約  | プライバシーポリシー  | 運営者情報  | お問い合わせ  | 

Copyright (C) 2008 3910GO. All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。